toggle

profile

ジュエリー作家
Fujimoto Shiho

 

1983年生まれ
東京都出身

東京家政大学服飾美術科服飾専攻 卒業
専門学校ヒコ・みづのジュエリーカレッジ キャリアカレッジ特別集中1年コース 卒業

 

最初に目指したのは、洋服の世界。
服飾の短大へ進み、洋服のデザインや作りを学びました。

入学前、漠然と夢見ていたのはデザイナーでしたが、
在学中、さまざまなことを学び経験する中で、
地道に自分でモノを生み出すことのほうが
自分に向いていて何より楽しいと感じるようになりました。

短大卒業後、洋服のリフォーム・リメイク、
オーダーメイドなどを行う会社に就職し、縫製の仕事に就きました。

ひとえにリフォームと言っても、洋服の構造がわかっていないと
着たときに美しい形にすることはできません。

とても難しい仕事でしたが、全体のシルエットと細部の美しさを追求していく作業は、
今のジュエリー作りに反映されていると思います。

3~4年目になった頃、高度な技術を教わり、難しい仕事も任せてもらうようになってきました。
技術を身に付けられる喜びを感じながら、次第に縫製の仕事以外のことにも挑戦したいと思うようになってきました。

ただ、このときは、ジュエリーを作りたいという思いはまだありませんでした。

約4年半勤めた会社を退職することが最終決定し、会社の自分の作業机に着いた瞬間、
「そうだ、ジュエリー作ろう」
とそれまで考えてもいなかった世界が急に頭に浮かんだのです。

今でもなぜジュエリーだったのかはわかりません。
ただ、この直感を信じてよかったなと今すごく思います。

それから、ジュエリーの専門学校に通うことを決め、
翌春、ヒコ・みづのジュエリーカレッジの夜間コースへ入学。

専門学校では、ジュエリーの基本的な作り方を学びました。
同世代がほとんどだった短大までの学校生活とは全く違う、とても刺激的な1年でした。

卒業後、専門学校で学んだことを活かし、
デザイン〜原型制作〜仕上げまで自身で行う
オリジナルジュエリーブランド【shiho】を立ち上げました。

現在、子育てをしながら、ネット販売を中心に制作活動を行っています。