toggle

story of 【Constellations】

12星座をモチーフにした【Constellations】

 

誕生日ごとに決められた12個の星座。

みなさん自分の星座は知っていても、ジュエリーとして身に着けることは少ないのではないでしょうか?

 

 

星座モチーフのジュエリーが少ない

 

私がジュエリーを作るようになって感じたことがあります。

それは、星座モチーフのジュエリーが少ないこと。

 

Constellations necklace -Aries-

 

Constellations necklace -Taurus-

 

Constellations necklace -Gemini-

 

イニシャルや誕生石といった自分を表すものはよく見かけますが、星座となるとなかなか見る機会がないかと思います。

星モチーフに思い入れがあることは過去にもお話ししましたが、星座も私には特別な存在です。

 

謎な部分が多く神秘的

 

小さい頃、実家に星座のポスターが貼ってあったり、宇宙や惑星、星座の本があったりしたので、意識の中でなんとなく常に存在していました。

 

宇宙って普通に生活していたら関わることのない世界。

遠くから見ていると星がキラキラ輝いて美しい存在だけど、真っ暗闇の未知の空間という怖さもある。

そんな謎な部分が多く神秘的なところも惹かれてる理由かもしれません。

 

Constellations necklace -Cancer-

 

Constellations necklace -Leo-

 

Constellations necklace -Virgo-

 

 

夜空を見上げて、動物に例えたり、道具に例えたり

 

そして、星座にはギリシャ神話を元にした物語が多くあります。

 

それほど詳しいわけではありませんが、それぞれの星座に物語があり、また別の星座と関係があったり

昔の人は夜空を見上げて、動物に例えたり、道具に例えたりして、それが今も存在するってすごいことだなと思うんです。

 

そうやって語り継がれてきたそれぞれの星座。

自分の星座について少し興味が出てきたのではないでしょうか?

 

Constellations necklace -Libra-

 

Constellations necklace -Scorpio-

 

蠍座は私の星座。特別な存在です。

 

 

Constellations necklace -Sagittarius-

 

「欲しいものがない」「だったら自分で作ろう」

 

さて、この【Constellations】シリーズのジュエリーが生まれたのは、冒頭でも書きましたように、星座モチーフのジュエリーが少ないと思ったことがきっかけです。

 

そして、これは他のジュエリーでも言えることですが、そのモチーフがあったとしても、自分がほしいと思うものではありませんでした。

「欲しいものがない」「だったら自分で作ろう」と言うのが、私のジュエリー作りの根源にあり、【Constellations】シリーズもそうやって生まれました。

 

Constellations necklace -Capricorn-

 

Constellations necklace -Aquarius-

 

Constellations necklace -Pisces-

 

 

お気に入りの星座を、胸元に輝かせてみませんか?

 

ポイントは、星の配置を1つ1つを小さな粒で表現したところです。

表面はマットな輝きに仕上げ、主張しすぎない形・大きさが、さりげなくおしゃれを演出してくれます。

 

 

自分の星座や大切な方の星座でもいいですし、形が好き、星座にまつわる物語が好きなど、選び方は自由です。

お気に入りの星座を、胸元に輝かせてみませんか?