toggle

material

shihoのジュエリーは、主にSV925(sterling silver)を用いて作っています。
純銀(サラと呼びます)の場合、柔らかくジュエリーには向きません。
そのため、銅など、強度・耐久性を持たせて
加工しやすくする金属(割金と呼びます)を純銀に加えた合金を作ります。
純銀92.5%以上、その他7.5%未満の金属で作られる合金がSV925です。

また、デザインによっては、K18メッキ(ゴールドカラー)や
ロジウムメッキ(シルバーカラー)を施しております。
メッキは電気の力で金属を付着する処理のことです。
メッキ処理を行ったアイテムは、ご利用状況によってメッキが薄くなり、
地金(SV925)が見えてくることがございます。

一部、真鍮やK14gfを用いた商品もございます。

K14gf(ゴールドフィルド)とは、真鍮を芯としてK14を圧着したもので、
K14が総重量の20分の1以上のものを呼びます。
メッキ加工よりも金の層が厚く、
長期間使用しても変色や剥げてくることは少ない素材と言われております。

これらの素材は使用状況によって変色することがございます。
shihoのジュエリーをご購入いただいた際には、
ジュエリーと一緒に取扱説明書をお渡ししていますので、
長くお使いいただくためにも、ご購入後は一読くださいますようお願いします。