toggle
2019-03-17

ブランド名について。


この前、ブランドロゴについて書きましたが、今回はブランド名について書こうかなと思います。

 

 

私が作っているもののブランド名は「shiho」です。

 

 

インスタのアカウント(@shiho.jewelry)やHPのURL(https://shiho-jewelry.com)を見ると、「shiho jewelry」がブランド名と思うかもしれませんが、「shiho」がブランド名です。

 

(正直、当初はどっちでもいいかなと言うか、自分でもあまりこだわってはいませんでした(´ω`;)

 

 

 

ブランド名の由来は私の名前です。

 

ただそれだけです。

 

特に意味はないと言うか、意味を持たせたくなかったんです。

 

 

mitsuami ring(M)

 

 

ジュエリーを作り出した頃は、普通にブランド名を考えてました。

 

付けるなら英語かな~♩と意味を調べて、単語一つか並べるか、それとも造語?…と色々考えました。

 

でもイマイチぴんとくるものがなく。

 

 

 

 

そもそも私は英語を含め外国語がわからない(((^-^)))

 

なのにブランドを代表する名前に意味のわからない言葉を付けるのはどうなんだ…?

 

(英語の書かれたロゴTはいいなと思ってもなかなか買えないタイプの人間です)

 

 

それと、意味のある名前をブランド名にすることで、ブランド名から作ったもののイメージや世界観が固まってしまうのは嫌だなと思ったんです。

 

これは、人から見られることもですし、それ以上に自分自身がブランド名を意識して、作るものを制限してしまうんじゃないかというある種の恐怖もありました。

 

 

なので、作者である私の名前をそのままブランド名にしようと思い、「shiho」になりました。

 

 

 

私、自分の名前好きなんですよ。

 

 

漢字だと「志保」と書くのですが、「志しを保つ」ってなかなか難しいけどかっこいいなぁって我が名前ながら思ってます。

 

 

かっこいい大人の女性を目指す方に向けたブランドなので、私の名前ではありますが、気持ちとして共感していただけたら嬉しいです。

 

 

star pierce

 

あとは、20代の頃大好きでよく着てた洋服のブランド名がそのブランドのデザイナーさんの名前だったってのも少し影響してます(^-^)

 

今は着なくなってしまいましたが、私の中の「かっこいい大人の女性」像はそのブランドによって作られたことに間違いないですし、今も憧れの存在です。

 

あの頃は、そのブランドの服を着ることで気持ちが強くなって、かっこいい大人の女性にちょっと近付けるんじゃないかと思ってました(しみじみ)

 

 

私の作るジュエリーもそんな風に、誰かの気持ちを強くしたり、憧れの存在になったりしたらいいなぁと思いながら制作活動をしてます。

 

そんなわけで、今回はブランド名のお話でした^^


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です