toggle
2018-05-28

初めての梅酒作り。


妊娠中、つわりでベッドから動けずにいたとき、「妊娠中やりたいこと」と「子供が生まれたらやりたいこと」のリストをiPhoneのメモに打ち込んで過ごしてました。

 

「妊娠中やりたいこと」はほぼできずに終わったのですが、「子供が生まれたらやりたいこと」の中でも絶対にやりたい!と思ってたことがあります。

 

 

それが梅酒作りです。

 

 

私の実家では、昔から母が梅酒や梅シロップなどを作っていて、たまに瓶を開けてはちょびちょび飲んでいました。

 

お酒は詳しくありませんが、やっぱり漬けた時間が長い方が美味しいんです。

 

 

なので、生まれた年に漬けて(生まれたのは2017年ですが)息子が20歳になったら一緒に飲みたい!と思ってたんです。

 

 

他にも「子供が生まれたらやりたいこと」はあるのですが、梅酒作りは時期が限られてますからね。

 

青梅が出る今の時期を逃すわけにはいかないんです。

 

 

20年もの。

 

絶対美味しいに決まってる(*´∇`*)

 

 

 

そんなわけで、母に教わりながら初めて梅酒を作りました。

 

その工程を忘れないためブログに残したいと思います_φ(・_・

 

 

まず、必要なもの。というか今回の分量。

 

  • 梅…1kg
  • 氷砂糖…400g
  • ホワイトリカー…1.8ℓ
  • 瓶…3ℓ

 

 

梅に手をつける前に、まずは瓶の準備から。

 

瓶は洗剤で洗って、熱湯消毒して完全に乾かします。

 

ここポイント。

 

 

水分が残ってると腐ってしまうそう。

 

20年ものを作るには絶対に水分を残してはならないわけです。

 

水分は拭き取ってもいいみたいですが、私は食器乾燥機に入れました。

 

 

 

そして、ここから梅の準備です。

 

梅をザルにあけて、1個ずつ流水で洗う。

 

 

 

 

 

洗ったら、ヘタを爪楊枝でほじって取る。

 

 

ヘタ取り完了。

 

 

ほんのり梅の香りがします。

 

でも、青梅は毒があるから食べちゃダメですよ〜

 

 

 

 

ザルに入れた梅をボウルに入れてしばらく放置して水分を落とします。

 

 

その間に氷砂糖の準備。

 

 

 

また別のボウルに400g計って置いておきます。

 

 

そして、また重要な作業。

 

 

 

1つずつ丁寧にキッチンペーパーで梅を拭きます。

 

ここで水分が残ってると腐ってしまいますからね。

 

(瓶に付いてる水分はホワイトリカーです!乾かした後、消毒的な意味で少量入れてぐるぐるして捨てました)

 

 

 

 

拭きながら瓶の中に入れてきます。

 

 

 

 

一段入りました。

 

 

そしたら、

 

 

 

適当に氷砂糖を入れます。

 

 

で、また梅を入れて、氷砂糖を入れて、と交互にして、

 

 

 

全部入れ終わりました。

 

 

 

上からの図。

 

 

そして、いよいよホワイトリカーを全量(1.8ℓ)投入。

 

 

 

ドボドボドボドボ。

 

 

ホワイトリカーを全部入れると瓶の持ち手部分すぐ下までになりました。

 

 

 

 

 

なんだかアクアリウムみたいでキレイです。

 

 

 

 

準備完了!

 

 

あとは1年経ったら梅を取り出して、そこから19年。

 

…長い!

 

 

数ヶ月で飲めるようですが、我慢して我慢して我慢します(^-^;)

 

 

楽しみー☆


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です